アップルウォッチの発表があってから、大小問わず多くのメディアが、その発表と、評判を報じています。

アップルウォッチは、顧客に対して、何が売りなのかということを考えると、「あのアップルの時計であるという事実」なのだと思います。つまりブランドイメージの力です。

アップルに対する具体的イメージは、人それぞれに広がっていきますが、はじまりは「アップルの時計であるという事実」であって、それが顧客が受けるアップルウォッチの大きな価値なのではないでしょうか。

なぜなら、現存するスマートフォンやスマートウォッチなどで実現できる機能と比べて、革新的な機能が設けられたという印象を受けないということと、アップルウォッチ以外にも美しいデザインの時計は存在しているからです。

ゆえに、顧客がアップルウォッチを唯一であると感じるなら、それは様々に備えた機能や美しいデザインにあるのではなく、これまでのアップルの実績が作ったアップルへの信頼、それがアップルウォッチの売りに繋がっているように感じます。

そのことは、賛否両論あるにも関わらず、これだけアップルウォッチが話題になっているという事実が証明しています。


アップルウォッチの詳細はこちら
Apple - Apple Watch