綺麗に勝てると思ってはいけません。
手順、方法が理想からかけ離れていても
最後に勝ちをもぎ取るような姿勢。

そのような姿勢が求められます。
最後には、勝ちを何としても
もぎ取らなければならない。

もしも、そのことを認識していないならば、
勝負に勝つことはできません。
すなわち、目標を達成することはできません。

勝てた方法が、唯一綺麗な手順、方法であるのです。