リーダーが組織において人材の評価に明確な差を示さないということは、
良くありません。

なぜならば、明確に評価の差を示すことが、至っている者、至っていない者、
両者のやる気を高めるからです。

もちろん、評価に差をつけるのは、その個人のためであるとともに、
組織のため、その先には目標のためであります。

この評価の差がない組織は、衰退していきます。
ゆえに、組織のリーダーであるならば、評価に差をつけることを忘れないで下さい。