実りは提供致しません。実らせ方を提供致します。
こんばんは。経営コンサルタントのT☆Kです。

マーケットの中で差別化を行うという
決定をしたならば、明確に差別化を徹底しなければ
なりません。

もし、そこに迷いがでて、ライバルと同じような
香りを出してしまったならば、
想像以上に差別化の効果が薄まることになってしまいます。

迷いが出て、ライバルとリンクする部分がでてしまうということは、
そのリンク部分はライバルと分かつということです。

さらに、リンク部分がライバルの得意分野である場合は
そちらに利用者は流れて行くでしょう。

「他とは別物です」ということは、
価値ある明らかな別物を用意する必要があるのです。


気づき、得たものがあればポチっとお願いします。
ブログランキングにほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ